沿革

大正8年名取郡閖上町に舶用エンジン部品製作及び修理業務を目的に高松鉄工所を設立。
(創立者 髙松金治)
昭和4年業務拡大の為閖上町より石巻港(門脇一丁目3-13)に移転引き続きエンジン修理部品製作を行う。
昭和12年焼玉エンジン(高松鉄工所製)10馬力、15馬力の製作に入る。
昭和19年焼玉エンジン90馬力製作。販売を行う。
昭和23年資本金500,000にて株式会社高松鉄工所に改組。
昭和26年ディーゼルエンジンの普及により焼玉エンジンの製造を中止。 ディーゼルエンジンの部品製作及び修理業務に転換。 (本年迄の焼玉エンジン延べ生産台数82台)
昭和34年株式会社鈴木鉄工所の協力工場としてST油圧式ネットホーラ・六段巻ウインチ 等の部品加工及び組立業務を行う。
昭和35年代表取締役に髙松政行就任(前社長死亡により)
昭和40年漁船向け省力化機械の製作を開始。底引船用ロープリール(油圧)の1号機を 石巻市内明神丸(32G/T)に納入する。
昭和43年かけ廻し用トロールウインチを県外向け(東北3県)に販売拡充する。
昭和45年オツタートロール船試験操業許可に伴い47G/T・53G/T向けトロールウインチの 製作販売を行う。同時に販売先を東北6県及び北海道地区に拡充する。
昭和49年トロールウインチ大型化に伴い市内築山2番地2に第二工場を設立。
(組立・仕上工場として使用)・・・・現在本社
昭和51年15G/T型オツタートロール船の許可に伴い15G/T向けトロールウインチの製作・販売を行う。
15G/T・53G/T型トロールウインチの油圧装置として川崎重工業製品を採用する。
昭和55年釧路地区沿岸底曳船(9.9G/T~14G/T)にトロールウインチ納入。
昭和57年小型底曳船のFRP化等に伴い、ステンレス製トロールウインチの製作販売開始。
昭和58年沿岸養殖用各種小型船舶油圧装置納入開始。
昭和61年福島県相馬地区底曳船(19G/T~30G/T)にステンレス製。トロールウインチの納入開始。
平成5年工場及び事務所新築移転(築山)
平成5年資本金¥10,000,000に増資。
平成9年19G/T小型サンマ漁船向け漁労設備販売開始。
平成15年髙松政行会長に、代表取締役に髙松英博就任。
平成17年19G/T定置船漁撈装置販売開始。
平成20年宮古漁港定置船第一日出島丸19G/T漁労設備納入。
平成23年東日本大震災により工場被災。
平成24年震災からの復旧終了。通常業務に戻る。

上へ戻る▲